経営者の集まりなどの出ると、最近はサービス付き高齢者住宅の建設や運営に携わっている方に多く出会います。

まだまだ建設されていますが、現在のところは部屋が埋まるようです。

昔と違って、生活保護受給者の方でも入居できる高齢者住宅も多くなってきました。

ただし、その分、質の担保はなされていないようにも思います。

どこも介護職員の取り合いになっています。

入居者側の選択肢が増えるのは良いことですが、今後は経営が厳しくなる所も出てくると思います。

入居時の見極めが大切です。