最近、広告などで分譲型の高齢者住宅をよく見かけます。

居室の広さ、入浴設備、食事、医療機関との連携は問題ないように思われるところが多いです。

しかし、残念ながら24時間介護付はほとんど見かけません。

となると、サービス付き高齢者住宅とほとんど変わらないかもしれません。

つまりは、常時介護が必要になったら住み続けられなくなる、ということです。

分譲型は費用が高いので、選ぶ際にも慎重に行う必要があります。