サービス付き高齢者住宅がどんどん増えていますが、私の知っている範囲では、たいていはオープンしてしばらくするとほぼ部屋が埋まっています。

まだまだ介護施設が足りていないのか、核家族化で家庭での介護力が本当に低下しているのでしょう。

無理して家庭内介護をして、家族も共に倒れてしまっては意味がありませんので、ある意味やむを得ない時代の流れなのかもしれません。

しかし、既存の施設でさえ職員不足なのに、新設ホームが増え続けていますので、サービスの室については疑問が付くケースも否定できません。

職員確保や教育等の状況については、入居前に十分に確認する必要があると感じています。