有料老人ホームに入所する際には、身元引受人か身元保証人を立てることを求められることがほとんどです。

親族や友人などが健在で引き受けてくれれば問題ないのですが、最近は、身寄りがない方が増えています。

また、身寄りがいても高齢で、保証人を断られるケースも増えています。

そのような場合、施設入所をあきらめるのではなく、まずは自分が入りたいと思う施設に相談してください。

施設によっては、任意後見契約を結んでいて受任者がいれば入所可能であったり、自治会などの支援体制がしっかりしていても大丈夫なところもあります。

相談して、別の方法があれば、その要件が満たせるかどうかを工夫するのです。