老人ホーム内での虐待報道が近年、テレビや新聞等のメディアを賑わしています。

毎日お年寄りと向き合い、熱心に介護業務に従事している全国の介護職員にとっては、本当に腹立たしい気持ちになると思います。

ほとんどの施設、介護職員は介護に情熱を傾けており、一部の施設や職員が起こした問題により、介護現場すべてが疑いの目で見られるような状況にはならないように願います。

 

しかし、ごく一部の施設で起こる出来事であっても、入居者や家族にとっては、一部ではなく全てです。

自分や、自分の親しい者が被害に遭うような事態は、避けたいと思うのが心情でしょう。

 

ですから、やはり入居前に施設を見極めることが重要ですし、入居後に何か変化があった際に相談できる機関が必要です。

介護施設は運営母体が変わったり、トップの交代で雰囲気が変わります。

働いている職員によっても、がらっとサービスが変わります。