最近、入居一時金なしの有料老人ホームが増えてきました。

従来は一時金を支払う必要があったホームでも、廃止して月額費用に上乗せするような流れになっています。

原因としては、増え続けるサービス付き高齢者住宅の存在があるでしょう。

競争が激化している地域では、空室が目立っているホームもあります。

一時金が無くなっても、月額費用が上乗せされるので総額は変わらないのですが、入居者側としては一時金がなければいつでも解約して自宅に戻ることができますし、他のホームに入ることもできるメリットがあります。

ただし、人気があり、サービスの質が高いホームは何ら変わることなく、従来のスタイルで運営しています。

介護付き有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅は、そもそも提供するサービスが異なるため、その差異をアピールしていき、価格で勝負しなければいいと思います。

手厚いサービスを提供している分、費用が掛かるのは仕方がないことですから。

アピール力の問題が大きいような気がしています。