介護保険が2000年に開始して時間が経っていますが、まだまだ他人に身内の介護を委ねるのには抵抗があるものです。

先日も、介護疲れや家庭の事情で親御さんを老人ホームに入所させざるを得ない方からのご相談がありました。

ご本人も入所に納得しているのですが、身内が自宅で介護できない責任を感じていました。

お気持ちはよく理解できましたが、介護者が共倒れになっては、意味がありません。

老人ホームに入所して、活き活きと暮らされる方も多くいますので、まずは見学に行くべきでしょう。

ダメだと思うホームには入所しなければいい。

本当に良いホームを探して入所すれば、本人も周囲も納得できるものです。