有料老人ホームを選ぶ際に、現在は基本は大手をお勧めしています。

というのも、サービス付高齢者住宅がかなりの勢いで増えており、入居者獲得の競争が激しくなっている現状から、今後は破綻するホームも出てくることが予想されます。

入居したホームが破綻した場合、多くの場合は経営が引き継がれますが、費用が変わったり、生活環境が変わったりします。

大手であれば、1つが破綻しても黒字のホームがありますので、赤字ホームの分を補填できます。

もちろん、小規模で質の高いサービスを提供して常に満床のホームもありますので、一概には言えません。

あくまで一般論ですが、今後の老人ホーム選びは、経営状態もある程度は読む必要があるでしょう。