老人ホームを選ぶ際のポイントとして、看取り・終末ケアまで対応してくるのかという点があります。

なぜなら、終の棲家として入居したはずなのに、いざ終末期になると、すぐに病院に入院させられてしまうケースが多いからです。

ホームで最期を迎えられると思って契約をし、入居したはずなのに・・・と、ご家族などからご相談をいただくことがあります。

もちろん、医療的ケアが必要での入院はやむを得ません。

中には、そもそも看取りケアができる体制が整っていない、新人職員ばかりでケアの技術が追いつかず対応できないケースがあります。

看取りケアは、高い介護技術を持ったスタッフが揃っていないとできません。

ホーム選びの際は、職員の勤続年数、資格者の割合、医療機関との連携、実際にホームで看取った人数などを、きちんと確認しておくべきでしょう。