有料老人ホームを選ぶ際、経営者の理念や方針は重要です。

経営者の理念等がしっかり現場に浸透していると、サービスにも良い影響を及ぼしますが、反対に、理念が不明確、方針がよくわからないホームは、サービスの質もバラバラで現場職員任せになります。

ですから、施設見学会などで経営者の理念や考え方、介護事業を始めようと思ったきっかけなどを聞くとよいでしょう。

 

また、運営母体の業態や経営理念も、少なからず影響を与えます。

例えば、現在は売却されましたが、居酒屋のワタミが立てたホームは食事が充実していましたし、創業者の理念が介護施設にまで浸透していた印象があります。

そのため、ホーム選びの際は、運営母体も気にされたほうがよいでしょう。