介護施設内に訪問看護ステーションを設置して、入居者を24時間医療的にケアする取り組みをされている事業者さんとお会いする機会がありました。

24時間看護士が常駐している施設は少なく、あったとしても高級なホームが多いため、事業者は24時間看護士常駐を売りにでき、入居者さんは必要な分のみ負担で医療的ケアを受けられますので双方にメリットがあります。

老人ホームを探されている方の中には、24時間看護士さんが居てほしいというニーズもありますので、今後は増えていく形態かもしれません。