最近は、安価に入所できる有料老人ホームが増えています。

一般市民でも有料老人ホーム入所に手が届くようになり、公的介護施設と民間施設も含めて幅広い選択肢ができたのは良いことです。

しかし、費用が安いということは、何か理由があるものです。

入所検討の際には、その理由が何かを確認し納得してから契約するべきです。

安かろう・悪かろうでは、豊かな老後は望めません。

 

例えば、土地取得や建設コストをカットした等であれば、多少居室が狭くなったり、設備のランクが下がるだけで、生活にさほど支障がないことが多いです。

しかし、食費や人件費をカットして価格を抑えているケースは、日々の食事の質や介護サービスに支障が出ているかもしれません。

 

何が理由で費用が安いのか、それによって低下した部分のサービスは自分にとって許容範囲なのかどうかを見極めて、判断するとよいでしょう。