よくあるご質問に、特別養護老人ホームと有料老人ホーム、ケアハウスなどとの違いがあります。

同じ介護施設でも、どう違うのかが気になるとこです。

一番気になるのは、費用の違いはやはりサービスもそれだけ違うのかという点です。

 

お金の違いで、受けられる介護サービスが異なるかといえば、一概にそうとは言えません

職員教育や人材の質は、高額有料老人ホームだから良いわけではなく、経営母体や経営者によるからです。

特別養護老人ホームであっても、真に高齢者の豊かな老後のために職員が一丸となってケアに取り組んでいる所は多いですし、高額な有料老人ホームであっても儲けに走ってケアの質は高くない施設はあります。

 

もっとも、有料老人ホームは入居者対職員において人員配置が手厚いところが多いです。

その分、月額の費用は上乗せになりますが、人員が手厚ければ、それだけ個々の入居者に職員がかけられる時間が増えます。

職員個々に余裕があれば、入居者に向き合う余裕も生まれますので、その点においては費用のかかる有料老人ホームは有利と言えるでしょう。