当協会は有料老人ホームの紹介を行っておりますが、できるだけ在宅生活が継続できるのであれば、そのほうが良いと考えています。

住み慣れた自宅以上のホームは、なかなか無いからです。

設備や食事がいくら良くても、長年築いてきた近隣との関係、友人、行きつけのお店などと同様の環境を捨てるのはもったいない。

その場合は、できる限り在宅介護等で乗り切って、最後はホームに入所すればよいでしょう。

ただし、問題はギリギリまで頑張ると、入りたい施設に入れない可能性があること、認知症などで判断ができなくなっているリスクがあることです。

それらのリスクを回避する手立てをしてから、在宅生活を充実させるのも、選択肢の1つです。