施設見学の際に、必ず抑えておきたいポイントをいくつか挙げています。

入念なチェックを行いところですが、見学時間は限られています。下記のポイントくらいは、ぜひ抑えておいてほしいと思います。

 

・事業者情報

ホームを運営する事業者情報です。

法人の理念や経営状況を確認します。経営状況については、よく見極めなければ倒産のリスクがあります。

・建物

外観や内装、居室内の雰囲気、騒音や周辺環境。

・人材

施設スタッフの体制や応対。施設は人で決まると言っても過言ではありませんので、最重要項目です。

・費用、料金体系 

入居一時金や月額費用、要介護になった場合の上乗せ費用、オプション費用などを確認してください。

・入居者

実際に生活している入居者の雰囲気。可能であれば、話をしてみるとよいでしょう。

・食事 

食事は老後の楽しみの中でも上位に位置付けられます。自分の趣味趣向に合っているか、合わせてくれるかを見極めます。

・入浴 

入浴設備、頻度、ケア体制など。

・サービス内容

生活支援サービス、ケアサービス、健康管理や外出送迎、日々のプログラムなど、幅広いですが、疑問点はどんなことでも質問して解消するようにしてください。