セミナー等で老人ホームの種類の違いをお話すると、「ようやく違いがわかった」との声を多くいただきます。

たしかに、種類が多くわからない面はあります。

当サイトの解説や書籍等で調べる、専門家に相談するなどして、上手く特色を把握していただきたいと思っています。

ただ、多くの場合、有料老人ホームをお探しの方が一番関心を持っておられるのは、終の棲家として暮らしていけるのかという点です。

つまり、自分が介護が必要になった場合でも退居させられずに暮らしていけるのかどうかが重要です。

そのため、まずは①24時間常時介護が受けられる、②入院した際などに即退居させられないか、の2点は必ず確認したほうがよいでしょう。

①については、外部の介護サービスを利用する場合は原則として常時介護は受けられませんし、②については重要事項説明や契約書の記載を確認してください。