ホーム内の人権意識が高いところは、同性介助を心がけています。

着替えや入浴、排せつなどさまざまな介護場面はありますが、特に排せつ・入浴については同性介助の希望は多いです。

女性の方は、男性に排せつや入浴介助されるのに抵抗を持つ方は、少なくありません。

しかし、昨今の介護職員不足、業界全体の離職率の高さから、これまで同性介助ができているホームでも、職員体制上でできなくなっているところもあります。

同性介助をホーム選びの際に優先される場合は、職員体制が厚く、整っているホームを選ぶ必要があるでしょう。

加えて、ホームの理念として、「人の尊厳」を大切にしているところです。