よくあるご相談です。

家族が介護疲れになっているが、ご本人はホーム入所を拒否しているケースです。

そのままでは共倒れになってしまう懸念があります。

ご本人の希望を尊重するのが原則ですが、そうも言っていられません。

あらゆる在宅サービスなどを組み合わせても、限界なのでしょう。

当方が説得までは行えませんが、ホームの内情などの情報提供を行うことはできます。

よくあるのが、昔の老人ホームのイメージを持っておられると、本人が「自分は家族に捨てられるのでは」と危惧することがあります。

今の有料老人ホームは施設によりますが、本当に快適な暮らしが実現できます。

マイナスイメージを持っていた方でも、体験入居するとガラッと印象が変わることも、しばしばあります。

ご本人も家族も笑顔で暮らせるような、環境を整える必要があります。