老人ホーム運営において、最大のリスクは空室です。

1部屋空室があるだけで、1泊1万円として月に30万円の収益を逃すことになります。

空室をそのままにしておくくらいなら、値引きしてでも入居してもらったほうが経営上は良いのです。

そのため、空室が多くなっている時や決算前などに値引き提示がなされることがあります。

リゾートホテルがシーズンオフに安くなるのと、同じですね。

注意が必要なのは、経営状態が悪い場合です。

経営状態が悪い場合は、倒産のリスクがありますので、入居前にホームの収益状況を確認するべきです。