一昔前、介護保険の導入前であれば施設に入所させる場合は気が引けるのも理解できました。

なぜなら、サービスの質が決して高いとは言えなかったからです。

しかし、現在はどこの介護施設もサービスの質の向上やアクティビティの充実を図るようになっています。

特に介護付有料老人ホームは終の棲家としての機能を果たしていますので、選び方を間違わなければ、むしろ自宅よりも安心して暮らせます。

また、自宅で配偶者や子が自分の生活を犠牲にして介護をしていると、共倒れになることもあります。

できるだけ自身で介護をしたい気持ちは理解できますが、使えるサービスは利用して、上手く介護を乗り切ってください。

在宅サービスを利用しながら自宅介護をして、限界が来たらホームに入所というパターンでもよいでしょう。