最近、サービス付高齢者住宅の建設が進み、施設がどんどん増えています。

老人ホームを探している方のほとんどは、終の棲家として最期の時まで住み続けられるかを重要視しています。

認知症や介護度が重度になった際に、退居しなければならないホームなら、結局は入らないほうよいと思われるのでしょう。

サービス付高齢者住宅の多くは、元気な高齢者を入居対象にしています。

サービスについても生活援助を主としていますので、介護サービスは外部の事業者に依頼するのが原則です。

とすれば、介護度が重く、日常的に介護が必要な方は生活が継続できません。退居させられるのではなく、退居せざるを得なくなります。

しかし、サービス付高齢者住宅の中でも、特定入居者生活介護の指定を受けているホームであれば、介護スタッフが常駐していますので、介護度が重くなっても対応してもらえることがほとんどです

結論として、あくまでも現在のところはですが、終の棲家としては介護付有料老人ホームをメインに探されるほうがよいでしょう。