原則として、介護付き有料老人ホームであれば、介護度が重くなっても退居させられることはありません。

自立の方を対象にしたサービス付高齢者住宅やケアハウスなどであれば、重度になると住み続けるのが難しくなります。

しかし、他人に危害を加えるような症状が出て、ホーム内の安全を保てないような場合には、拘束や退居の話が出る可能性はあります。

また、医療行為が常時必要になったような場合にも、介護施設は病院ではありませんから、退居を検討しなければならない状況が出てきます。

いずれにしても、入居前にきちんと確認しておくことが大切です。