多くの場合、老人ホームを探されている方の多くは、終の棲家としてです。

つまりは、最期の時まで住み続けることができるかどうか、です。

そのためには、看取り介護ができなければいけません。

当協会では、24時間常時介護サービスが提供される施設、介護付有料老人ホームを筆頭にご紹介しています。

というのも、サービス付高齢者住宅やケアハウスなどで特定施設入居者生活介護の指定を受けていなければ、24時間常時介護体制が整っている所は少なく、いざという時に退去をせざるを得なくなります。

終の棲家として入居したにもかかわらず、退去せざるを得なくなるのは困ります。

せっかく築いていた人間関係も失われますので、それらは避けたいと考えています。

もちろん、特定施設入居者生活介護の指定を受け、看取りまでの体制が整っているホームであれば、サービス付高齢者住宅やケアハウス等も選択肢の1つになります。