老人ホームの費用はわかりにくい?

老人ホームの費用についてよくお問合せやご相談をいただきますが、なかなか一般的な説明は難しいのが本音です。

というのも、一口に老人ホームと言っても、介護付き有料老人ホーム、住宅型老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム、ケアハウスなど種類が多く、各施設によって料金設定が異なるからです。

また、現在では入居金0円の介護付き有料老人ホームや、生活保護受給者でも利用できる低価格帯のホームも登場しています。

費用がわかりにくいわけではなく、希望するホームの地域やサービスによって、全く個々に費用が変わるので、一般的な金額を説明するのが難しいのです。

いわゆる月額基本料(賃料・管理費・食費・高熱水費等)が15万~40万くらいまでと幅が広いですし、後述する一時金を支払うかどうかによっても、異なります。

ですから、原則としてご自身の予算に応じて、一番適切なホームを探す方法が近道になります。

入居一時金について

ホームと契約する際に、入居一時金のあるホームとないホームがあります。

入居一時金は、月額家賃の前払的性質があります。

当然、居室の立地や広さ、設備などによって金額に変動があります。

入居者の希望に応じて、一時金を多く支払って月額賃料が低くなるプランや、一時金なしで月額賃料が高くなるプランが用意されているホームもあります。

例えば、入居一時金1000万で月額20万(生活費含む)や入居一時金0円ですが月額35万(生活費含む)などです。

入居の際にプラン選択に迷う方は多いですが、目安としては余命がそれほど長くないとお考えであれば一時金なしプラン、余命が長いと思われるなら一時金を支払って月額費用を抑えるプランのほうが総額の支払いではお得になります。試算してから、選ぶようにしてください。

ただし、当たり前ですが、人の寿命は誰にもわかりません。

管理費について

月額の管理費については、ホームの介護スタッフや事務員の人件費、共用部分の運営経費などが含まれています。

あまりに管理費が安すぎるとサービスの質が低い場合もありますので、一概に安いほうが良いとも言えません。

サービスの内容に応じた金額であれば、問題ありません。

一般的には2~10万円くらいの間です。

スタッフ配置が手厚く、サービスが充実しているホームは、その分のコストが掛かります。

食費について

食費が安いと、材料費や厨房運営コストを掛けられませんので、食事の質も低下します。

個々に合わせた食生活に対応し、それなりの質を保つためには食費は掛かります

高齢になり身体が不自由になると、食事が一番の楽しみだと仰る方が多いです。

終の棲家として老人ホームをお探しなら、食生活も楽しめるホームも選びたいものです。

食事にこだわりのある方は、食費や使用材料などに注意してください。

その他の費用

上記以外の費用としては、要介護度や負担に応じた介護保険サービス利用料、疾病のある方は医療費などがあります。

洗濯や外出同行、買物代行などがオプションサービスになっていれば、それらの費用も考慮しておかなければなりません。

余裕を持って、資金計画を立てるべきです。