有料老人ホームに入居している主人が、介護が必要になったら部屋を移るように言われました。

移った先は、入居者の皆が介護が必要で活気がありません。

 

上記はよくあるケースです。

有料老人ホームの中には、元気な方が入居する区画や棟と、介護が必要な方々が暮らす介護棟で分けているケースがあります。

職員体制や介護サービスの提供において、事業者側の効率が良く、入居者側も安全で手厚い介護を受けられるメリットがあります。

そのため、入居者は介護が必要になったら居室を移動しなければいけません

居室が気に入って入所した方が、いざ移動になると困られています。

事前説明や契約書等に必ず記載されているはずですので、確認してから入居してください。