特養ホームなどの公的施設は、人員が最低限であることが多く、介護等の必要なサービスや食事の提供は受けられます。

しかし、設備面、人員配置面、余暇のレクリエーションなどでは有料老人ホームが充実しているものです。

つまりは、最低限のサービスで良いのか、いろいろと付加サービスが充実しているほうが良いのか、という選択です。

あとは、費用対効果で考える他はありません。

一度見学に行くと、多くの方が有料老人ホームを選択されますが、最近では特養ホームでもかなり充実した施設ができています。

が、要介護度や待機者の関係で、必要な時に入所できないのが現状です。