おそらく、事情が切羽詰まっていないのでしょう。

いろいろな施設を見学に行くが、決められない方は多いです。

そういう方は自分の理想を追い求めて、次から次に良さそうな施設の情報を仕入れては見に行きます。

前提として、自宅でいつまでも住み続けられるのであれば、それに越したことはないです。

多くの方にとって、自宅より快適な空間はないでしょう。自宅で住み続けられる環境が整備できるのなら、そうしてください。

有料老人ホームに入りたいと思った動機、例えば、介護が必要になっても安心して暮らしたい、独居で不安であるなどがあれば、いずれは妥協できます。

今一度、自分が有料老人ホームに入ろうと思った動機を思い出してみてください。