老人ホームへの入居を検討する場合、食事に対してこだわりを持たれている方は多いです。

高齢になり体が不自由になると、外出などもおっくうになります。

そのため、一日3食の食事が、何よりも楽しみだという声をよく耳にします。

老人ホームの食事の質は、

  • 食材の質
  • 調理師の質や腕
  • ホーム内で調理しているか

がポイントになります。

食材の質については、コストの問題です。

高級なホームはそれなりの質の食材を仕入れています。

調理師の腕については、採用が上手くできているか、また厨房内の職員教育が上手くいっているかです。調理師各自が、入居者により良い食事を提供したいと考えて仕事しているか、モチベーションが大きく影響します。

ホーム内での調理、つまり施設内で食事を作っているかです。

自社の社員が調理している場合、外注して委託先の社員が調理している場合、運ばれてきた食材を温めているだけの場合など、形態はさまざまです。

どれが良いとは一概には言えず、試食するのが一番です。昔は外注などは食事が美味しくないと言われていましたが、現在は改良されています。