人によって事情が異なりますので何ともいえませんが、日本で老人ホームなど介護施設に入所している割合は、対象者の1割に満たないと言われています。

やはり、何といっても住み慣れた自宅が一番です。

 

それでも老人ホーム入所を検討するきっかけとしては、

  1. 自宅の管理が困難になった
  2. 健康に不安があり、誰かに見守ってほしい
  3. 子供の世話になりたくない
  4. 1人暮らしが不安
  5. 身体が不自由になり介護が必要

などが上位になります。

もっとも、最近は特別養護老人ホームの入所待ち40万人以上が有名ですが、入りたくても入れない状況も見られます。

有料老人ホームでも人気の施設は、希望者が列を作って待っています。