ご相談者の方は、要支援1の認定は持っておられます。

今はまだ自分一人で生活できるけれど、近くに親族もおらず、将来的に不安だからといろいろ有料老人ホームを見学に行かれています。

しかし、近くの介護付有料老人ホームは入居者の介護度が高く、ほぼ自立状態の自分には合わないと感じていました。

シルバーマンションは終の棲家としては、不安だと考えています。

そこで、サービス付き高齢者向け住宅に的を絞って見学していました。

サービス付き高齢者向け住宅の全てが、表題のような条件を定めているわけではなく、低価格帯の住宅に多い入居条件です。

なぜなら、低価格帯の住宅は、要介護サービス提供のサービス料金も施設運営の収支に目論んでいるからです。

幅広く多くの方に入居してもらえるように努力している、結果ともいえます。

要支援と要介護では施設側の収入が大きく異なりますので、運営上はやむを得ません。

赤字経営はできませんから。

介護施設は黒字経営をしなければ、入居している方々が不安になり、何らかの皺寄せも生じます。

黒字経営が至上命題です。経営努力だと考えて、他を探されるとよいでしょう。