医療行為は、原則として医師しか行えないため、介護施設内では介護しか行えないのが原則です。

しかし、それでは実態にそぐわず、入所している利用者の生命を守っていけません。

痰吸引などが一定の研修の下に許容されています。

看護士の配置もありますが、実際に緊急時は病院に搬送されているか、往診で医師に来てもらうことがほとんどでしょう。

医師の数にも限りがありますし、緊急で駆けつけてくれる方もそれほど多くはありません。

今後は、介護士や看護士に緊急医療的処置の解禁が必要になってくるかもしれません。