コロナショックで多くの企業が倒産

コロナショックでホテルや飲食店などの倒産が増えています。

あらゆる業界に影響が波及しており、老人ホームは関係なさそうに思えますが、そうではないところもあります。

 

外出自粛により、空室ができても入居者が入らない状況が続いているためです。

老人ホームはなるべく空室を作らずに運営して、利益を出すビジネスです。

空室率が大きいと、資金繰りが上手くいきません。

 

老人ホームの空室

入居の際に破綻のリスクがないかを検討する

コロナショックが完全に終息するまでは、不況から脱するのは難しいと思われます。

 

緊急に入居する必要がない方は待てますが、そうではなく即入居の必要がある方は破綻する恐れがないかどうかを見極めて、入居を決めてください。

具体的には、空室率などの稼働状況、決算書などは確認したほうがよいと考えます。

 

資金繰りが悪いホームだと、入居後に各種費用の値上げがあるかもしれません。

 

老人ホーム入居も、一生に一度の大きな買い物です。

住居の購入くらいに検討して、お決めください。

 

高齢者の住居