認知症の方はグループホームがいい

認知症老人ホーム

認知症の方は大人数での生活が苦手な方が、多いです。

職員の入れ替わりや、入居者が変わるのも、苦手なものです。

ですから、1ユニット少人数制のグループホームは、生活に馴染みやすいです。

いつも同じ入居者と職員なら、安心できるからです。

そのため、認知症状が強い方には、以前からグループホームをお勧めしてきました。

最近は有料老人ホームも認知症ケアに力を入れている

老人ホームのサービス

しかし、最近は有料老人ホームで認知症ケアに特化した取り組みをする事業者も増えてきました。

1フロアを認知症の方専用にしたり、認知症ケアの専門スタッフを雇用したりと、いろいろです。

実際の生活はグループホームと変わらないようなホームも、登場しています。

 

また、グループホームは夜間帯の職員が少ないものですが、有料老人ホームによっては職員体制が充実しています。

夜間の急変時などの対応が、手厚いケースがあります。

 

認知症ケアに力を入れているホームなら、グループホームと同等かそれ以上のケアをしてくれます。

 

入居を検討する際には、それぞれのサービスを見極める必要があります。