有料老人ホームへの入所を検討されている方の多くは、最後まで入居したいと考えています。

自分が選んだホームで、最期を迎えたいのです。

そのために、高い一時金と月額管理料を支払っている言っても、過言ではありません。

 

しかし、現実は、何かあったらすぐに病院に入院させられてしまい、結局は病院で最期を迎えているケースが多いものです。

医療的ケアが必要で、入院しなければいけないケースは仕方がありません。

問題は、介護施設に看取りケアができる体制や技術が伴っていないケースです。

 

看取りケアには、高い専門性が必要です。

できたばかりの施設で、ほとんどが新人職員といった所ではまずできません。

ですから、終の棲家を選ぶ際には、

看取りケアができる体制があるか

熟練した職員が揃っているか

看取りに協力してくれる医療機関との連携があるか

等を確認するとよいでしょう。