ときおり、サービス付き高齢者住宅に入居したけれども、介護付有料老人ホームに転居したいので探して欲しい旨のご相談をいただきます。

サービス付き高齢者住宅が増加して身近になったので、気軽に入居できるようになりました。

ですが、サービス付き高齢者住宅の多くは24時間介護が付いているわけではありません。

そのため、終の棲家だと考えて入居した方が、いざ常時介護が必要になった際には暮らしていけない状況に気付き、転居を希望します。

入居前に、各施設のサービスの特徴を確認していなかったケースです。

老人ホームを選ぶ際は、各サービスの特徴を見極めてからの入居をお勧めしています。