どちらとも言えず、好みの問題になります。

検討されている物件の立地、病院やスーパーなどへのアクセス、共用部分の充実度や居室の設備や広さで、家賃や物件価格は異なります。

生活相談や介護が必要になった際にどのような介護サービスが受けられるのか、職員体制はどうなっているかなども見てください。

オプションについても、外出や通院同行、居室の掃除やシーツ交換などの費用や頻度、依頼方法などを気にします。

介護付き有料老人ホームは特定施設入居者生活介護の指定を受けているますので、施設内の職員から介護を受けられます。

住宅型や健康型有料老人ホームであれば、外部サービスを利用しますので、多くのシニア向け分譲マンションと同じです。

物件の権利形態については、一般的に有料老人ホームは利用権であり、シニア向け分譲マンションは所有権です。

自分の物になり、子供などに相続させられる点でシニア向け分譲マンションには資産価値があります