少し前、1~2年くらい前までであれば、ケアハウスや特別養護老人ホームは我々のような紹介業者が関与する余地はありませんでした。

待機者が列をなして待っており、紹介するにもできなかったからです。

ケアハウスや特別養護老人ホーム側としても、入居希望者が常時100人以上待っている状況でしたから、紹介してもらわなくとも十分に満床になりました。

しかし、最近は事情が変わってきています。

まず、ケアハウスでも空きができるようになりました。

特別養護老人ホームは神戸市内に限っていえばまだ満床状態ですが、2,3年後はわからなくなっています。

原因としては、介護施設、特にサービス付き高齢者向け住宅の急増です。しかも、低価格帯のサービス付き高齢者向け住宅が増えています。

競争激化により、盤石であった特別養護老人ホームやケアハウスでも空きが出るようになりました。

そのため、ケアハウスはもちろん、今後は特別養護老人ホームの入居につきましてもご相談に応じていきます

入居者が選べる時代が近づいています。

是非とも良いホームを選んで、豊かな老後を送られてください。