サービス付高齢者住宅がすごい勢いで増えています。

政府からの補助金の影響が大きいのですが、数が増えたことで運営は大変になっているようです。

利用者側としては、潰れそうな事業者は選ばない、そもそも終の棲家として考えない等の対応が考えられます。

入居の際の一時金がないことが多いので、利用したい期間だけ賃貸住宅のように利用する、というのも1つの方法でしょう。

24時間常時介護のところは少ないため、なかなか終の棲家としては選びにくいと思います。