有料老人ホームの多くは、特別養護老人ホームなど公的施設より手厚い介護がなされます。

なぜなら、費用が高い分、人員配置が厚くなっているからです。

職員1人に対して入居者3人が最低基準として定められていますが、たいていはそれよりも手厚く、1対2や1対1.5くらいの割合で職員が配置されています。

手厚い配置がされる仕組みとしては、どこのホームでもある生活支援費(上乗せ介護費などと呼ぶホームもあります)がポイントです。

生活支援費を元気な方も含めて毎月負担していることで、自分が介護になった際には手厚く介護が受けられます。

なぜ、元気な自分まで支払うのかと思いがちですが、保険のように相互扶助だと考えるとわかりやすいでしょう。

いざ自分が要介護になった際の、保険として考えると納得がいくのではないでしょうか。