来年度の介護報酬改定について、引き上げる方向で調整されています。

介護報酬を引き上げて、事業者の人材確保や経営安定を図るのが狙いです。

ただし、財源が不足していますので、改定率については今後の議論ですし、サービス利用者側の負担が増える可能性があります。

介護保険料は2割負担が導入され、3割負担も導入が予定されています。

有料老人ホームに入居されている方の中で、2割・3割負担の方は比較的多いので、介護保険料自体の値上げはけっこう影響があります。

改定の推移を見守り、老人ホーム入居の際には資金繰りをよく検討する必要があります。