先日、住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の違いについて、ご質問がありました。

たしかに、分かりにくい部分だと思います。

 

端的に申し上げますと、ほとんど変わりがありません。

どちらも介護サービスが付いていませんので、入居後、介護が必要になった場合は外部のヘルパーステーションなどを利用して介護サービスを受けます。

施設内にヘルパーステーションを抱えている、併設しているホームが増えているのも、同じです。

 

サービス付き高齢者向け住宅のほとんどは有料老人ホームにも該当していますから、実態は本当に変わりません。

 

ただ、サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省の登録を受けた住宅です。

その点が違いと言えば違いですが、利用者側からすれば関係ありません。

 

住宅型有料老人ホームもサービス付き高齢者向け住宅も、職員確保の点で基準が緩いため、開設が容易です。

建設ラッシュと言えるほど増えていますので、玉石混交になっています。

 

サービスの良し悪しで見極めてください。

住宅型有料老人ホーム