ご夫婦で老人ホームに入居したいとのご相談はよくあります。

どちらかといえば、ご夫婦の一方に入居の必要性があり、他方は元気だが一緒に入るパターンです。

例えば、夫が要介護状態で自宅では見切れない場合に、妻も一緒に夫婦部屋を探す場合です。

妻としては、自分が一緒じゃないと夫が心配、1人では暮らしていけないと考えます。

しかし、自宅介護で疲れ切って入居を考えたケースなどで一緒にシニアマンションやサービス付き高齢者向け住宅に入居すると、結局外部サービスを上手く利用せずに妻が介護を頑張ってしまうことがよくあります。

サービスを上手く使えるように、割り切る必要があります。

夫の介護でできる部分は自分でやろうと頑張りすぎると、結局は介護疲れになります。

基本は介護のプロに任せて、妻は夫の心の支えになれるように努めると、充実した生活になっているように思います。