ご依頼の内、10件に1~2件くらいは、表題のようなご相談です。

ご自身でチラシやパンフレットを取り寄せ、費用や雰囲気は概ね理解されています。

しかし、あと一歩が踏み出せないケースです。

 

「一人で見学に行って説明を聞いても、わからない」

「強く勧誘されそうで、不安」

「そもそも老人ホーム自体に入るのが初めてで緊張する」

など、人によってさまざまなお悩みがあります。

 

介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅、ケアハウスなどの違いがよくわからないため、サービス内容を十分に理解しないまま契約・入居してしまうと、後からトラブルになる可能性があります。

入居してから、

「知らなかった」

「聞いていなかった」

「思っていたのと異なる」

「話が違う」

と言っても、契約書にサインをしているのであれば、どうにもならない状況もあり得ます。

 

上記のような不安があれば、当方は見学同行でご依頼者の代わりに質問をし、入居希望者とホームの意思疎通が円滑にいくようにサポートします。

また、どうしても不安な場合は、契約場面に立ち会うこともあります。