サービス付き高齢者向け住宅が増えています。

サービス付き高齢者向け住宅はその名の通り、高齢者の住宅です。介護が必要になった際には、そこで暮らしながら、外部の介護サービスを利用します。

住宅内のスタッフから介護サービスを受けられないのが原則ですから、介護状態が重くなった場合にも暮らしていけるかを、十分に確認しておく必要があります。

最近では、サービス付き高齢者向け住宅でも終末期の介護ができますと謳う施設も出てきています。

認知症の方は、症状が進んで徘徊などが出ても対応してもらえるのかどうかなどを、事前に質問しておくとよいでしょう。

やはり、施設に常駐しているスタッフの体制によっては、介護度が重い方は見られず、退去等にならざるを得ません。

一番介護が必要な時に退去しなければならないのは、大変です。

そうならないためには、事前の情報収集が重要になります。