ニュースで見ましたが、骨つぼの売り上げが増加しているようです。

というのも、最近では葬儀が簡素かされ、住宅事情から仏壇を置く家庭も減少しています。

そのため、身近に故人の存在を感じておくために、手元供養が流行っているのです。

故人のお骨を、自宅に置いていても違和感がないようにと、インテリアに沿うような個性的な骨つぼも多く販売されています。

カラフルで、一見して骨つぼとわからない、置物のような商品もあります。

 

また、骨つぼまで置かなくても、お骨をペンダントに入れて肌身離さず見に着けたり、ブレスレットなどにしたりするケースもあります。

個性的で、自身の思い通りの終活ができるようになっていますので、興味のある方は終活セミナーなどの展示を見られるとよいと思います。