サービス付き高齢者向け住宅を始め、介護付き有料老人ホームやグループホームが増えています。

併行して、シニア分譲マンションの建設も盛んです。

新聞の折り込みやテレビのコマーシャルで大々的に宣伝されているのを目にする方も、多いでしょう。

豪華な設備、至れり尽くせりのサービスが目に付きますが、終の棲家として見極めるポイントは、介護サービスの体制です。

シニア分譲マンションの多くは、外部サービスを利用して介護を受ける所が多いため、外部サービスの質を見極める必要があります。

マンションに常駐しているスタッフが介護してくれるのなら見極め易いのですが、外部サービスは正直わかり難い。

最近、シニア分譲マンションに入居したが、終の棲家として不安を覚えたとして、介護付き有料老人ホームを探してほしいとのご相談があります。

住み替えられる資産がある方はいいですが、シニアマンション購入に多額の費用が掛かりますので、不安を抱えたまま住み続ける人のほうが多いです。

大きな買い物ですから、購入前に、十分に見極めてください。