ご夫婦共働き家庭の方から、介護付き有料老人ホーム紹介のご依頼をいただきました。

自身たちの自宅の近くに住んでいる親が要介護状態になり、しばらくは何とか奥様が通いで介護を手伝っていたようです。

もちろん、介護保険サービスも利用はしていましたが、それでも担いきれなくなったとのこと。

 

男女平等社会で共働きが、当たり前になっている時代です。

昔は奥様が介護を担う大きな役割を果たしていましたが、現在はなかなか難しい。

 

介護の社会化を掲げて介護保険制度が創設されました。

無理することはなく、介護サービスを利用すればよいと思います。

無理して要介護者・介護者が共倒れになるよりも、一定の距離を置き、必要なサービスを使いながら、お互いのライフスタイルを尊重できるような方法を見つけるのが一番幸せな道のような気がします。