住宅型有料老人ホームもサービス付き高齢者向け住宅も、施設の職員が介護サービスを提供しないのが、原則です。

ただし、最近では外部の介護保険サービスを利用しつつ、施設内職員が介護保険外でサービスを提供する形態も、増えてきました。

 

また、住宅型ホームでも、サービス付き高齢者向け住宅の登録を行えば、サ高住の1つになります。

つまり、サービス付き高齢者向け住宅の登録を行うかどうかの違いで、あとのサービス内容は個々の施設によって異なります。

 

ただ、サービス付き高齢者向け住宅の登録を行う際に、高齢者対応住宅、サービス内容などを行政に登録しますので、一定の基準を満たしているのは間違いありません。

 

あとは、食事や外出などのサービスが、どの程度整っているのかなど、好みに合わせて、選ぶことになります。

 

サービス内容の違い、施設種別がよくわからない方は、当センターのような紹介サービスを利用されるとよいでしょう。

専門家が味方になることで、今までわからなかったことが、理解できるようになります。