後見制度の説明が、少し必要です。

成年後見制度には2通りあり、自分が元気なうちに手続をして備える任意後見制度と、認知症などで判断能力が低下してから利用する法定後見制度があります。

 

老人ホームに入居する際にお元気だが将来が不安なので後見制度を利用したいのであれば、任意後見制度です。

その場合は、自分が後見人を依頼したい人を探して、手続を行うことができます。

 

さて、当センターは後見制度の利用支援を行っており、事案によっては後見人もお引き受けしています。

 

法定後見制度利用であっても、後見人候補者を申請書に記載できます。

候補者をお引き受けすることは、できます。

ただし、法定後見制度で後見人を決めるのは裁判所ですから、絶対に後見人になれるとは限りません。

 

老人ホーム探しと関連して、後見制度や相続についてもご相談いただけます。

安心して、お任せください。

 

老人ホームと後見人