特別養護老人ホームであれば、年金が少ない方は負担も少なくなります。

しかし、原則要介護3以上でなければ入所できませんし、都市部では待機者が列をなしているのが現状です。

入所申し込みをしても、なかなか入れないと思います。

そのため、特養入所までのつなぎで、サービス付き高齢者向け住宅や介護付き有料老人ホームに入居するケースがあります。

結論から言えば、年金が少なくても入れる有料老人ホームは増えています。

また、年金が少ない場合は一部を生活保護受給して費用を補う方法も、あります。

その辺は自治体との折衝ですが、自宅生活が困難であり、施設入居の必然性が高ければ相談に乗ってくれるでしょう。